logo
サービス案内
鉱石の輸入販売
アスファルトプラント買取
英語サイトリンク
お問合せ

重機・建設機械買取ります
lineで簡単無料査定

油圧ショベルを買取してもらうメリット・自分で処分する場合の相場は?

油圧ショベルやフォークリフト、トラックなど、重機・建機の処分にお困りではありませんか?

重機の処分方法としては、自身で解体業者に持ち込むことも可能です。その場合、どのような手続きや費用相場になるのか見ていきましょう。また、併せて買取してもらうメリットもご紹介します。

株式会社MMM internationalでは出張買取も行うため、油圧ショベルなどを処分する際にはお声がけください。

自分で重機を処分した場合の手続き・費用相場

処分の主な流れ

  • 解体業者に連絡
  • ナンバーの交付を受けていない場合は引き渡して完了。ナンバーがある場合は取り外す
  • 解体完了後、管轄の陸運局(小型の場合は自動車検査協会)で永久抹消登録を行う

処分に必要な書類

大型特殊車両ナンバー無
  • 譲渡証明書
  • 販売証明書
大型特殊車両ナンバー有
  • 印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)
  • 所有者の実印
  • 解体証明書か廃棄物処理法に基づくマニフェストB2票
  • 自動車車検証
  • ナンバープレート
  • 申請書(第3号様式の2)
  • 手数料納付書
  • 車検証記載の住所氏名が違う場合は住民票など
小型特殊車両
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(必要に応じて)

処分にかかる費用相場

レッカー代
  • 小型で約1万円
  • 大型で約3万円
解体費用
  • 小型で約1〜2万円
  • 大型で約3〜5万円
永久抹消申請費用
  • 申請書代100円程度
  • 専門家に申請代行してもらう場合は数万円

重機・建機を業者に買取ってもらうメリット

メリットの文字を指す指さし棒

高値買取

油圧ショベルが動かない、故障している、車検が切れている…など、悪条件が揃っていても買取が可能です。というのも、買取業者は国内外を問わず独自の販売ルートを持っているため、高価買取できるケースが多いのです。

手続き代行

重機・建機の処分には煩雑な手続きが必要で、その分時間と手間がかかります。買取業者であれば手続きも代行するため、本来の業務に専念できることも大きなメリットでしょう。

移動の代行

キャタピラ、不動車、車検切れなど公道を走れない場合でも、買取業者は移動まで代行可能です。自身でレッカー車を手配することもなく、スムーズな処分が叶います。

株式会社MMM internationalはどんな油圧ショベルも査定・買取可能

OKサインをするスーツの女性

自分で重機を処分する場合の手続きや費用相場、そして業者に買取ってもらうメリットをご紹介いたしました。

神奈川にある株式会社MMM internationalでも、油圧ショベルなどの中古重機や建設機械、トラック、発電機などを幅広く買取いたします。

油圧ショベルのオイル漏れなど、よくある問題でも修理できる部署と人材が揃っているため、高く買取ることが可能です。査定は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

査定依頼

オンライン査定フォーム 24時間受付中 お急ぎの方はお電話で!



中古重機買取の査定ご依頼はこちら

油圧ショベルの買取をお考えなら株式会社MMM internationalへ

会社名 株式会社MMMインターナショナル
住所 〒224-0042 神奈川県横浜市都筑区大熊町99-6
電話番号 045-515-7016
FAX番号 045-515-7016
e-Mail info@mmm-japan.com
代表者 Hassan Zia Ullah ハッサン シア ウッラ
設立 2009年
事業内容
  • 重機・建機・トラックの買取
  • 発電機の買取
  • 重機・建機・トラックの輸出
  • 鉱石の輸入と販売
  • アスファルトプラントの買取
  • 海外不動産事業
主な取引国
  • 中東
  • ドバイ
  • サウジアラビア
URL https://www.mmm-japan.com/
中古重機買取の査定ご依頼はこちら